フォト
無料ブログはココログ

« どんぐり | トップページ | 幻のランチ・・・ »

2010年5月 1日 (土)

白峰と宮本(夜編)

烏丸の 京都新聞社の裏手にある和食のお店です

なんだか他店の宣伝マンみたいになってきてる今日この頃(笑)

これはオープン直後くらいに伺ってたときのですが

あえて出してなかったんですが

ここんとこ「白峰と宮本」で検索かけて京都ランチ倶楽部を見に

きてるパターンが多い事に気がついて

また載せてみました(笑)

100308_185517_2 100308_192017_2

お造り盛り合わせとすっぽん鍋です

お造りはお値段考えるとかなりのボリュームかな・・・

すっぽんは・・・・

ちと苦手でした(∋_∈) もうちょい小さいのをイメージしたん

ですが「亀」って感じのがごろっと入ってて僕的にNGでした(苦笑)

でも安いんですよね・・・

100308_185332 100308_190618

だし巻きとホタテの焼いたのです・・・

そしてこの毛がに・・・

異常に安い値段がついてたので冷凍の毛がにもどきの

栗ガニ? とか思って頼んでみたら小さいけどちゃんと毛がに

でした!これはびっくりです(^o^)/

ところどころ、こんな感じのビックリプライスの商品入れて

はるようですね・・・

100308_190827 100308_192125

生麩の田楽と焼きおにぎりです・・・

100308_194803 100308_201100_2

握りも単品でいろいろ頼めるようです・・・

小ぶりでかわいいお寿司です・・・

こないだもブログ見てくれてるというお客さんと話してたん

ですが・・

どうもみなさんプロが評価する辛口コメントを期待されてる

ようで・・・( ̄ー ̄)ニヤリ  (笑)

残念ながらそれはなかなか出来ません (∋_∈) (笑)

だって自分とこが斬られたら怖いじゃないですかぁぁぁぁ

(^◇^;) (笑)

てなことで本日はこれにて・・・

« どんぐり | トップページ | 幻のランチ・・・ »

和食」カテゴリの記事

コメント

☆れいさん
かなりお怒りのようで(^^:;)気持ちはよくわかります〜 僕らもなんだかなぁ〜(>_<)みたいな気分で店を後にすることはあります
どこの店でとはいいませんがね…(^^:;)

友達に教えてもらって、食事会の下見を兼ねてひとりで「白峰と宮本」でランチを頂きました。お目当てのお造りは切れていましたが、赤魚の煮付け、付け合わせの野菜もおいしかったです。ただカニの止椀がおっそろしくまずい。見た目ではみそ汁なのかすまし汁なのか判別不能。ほぼすまし汁かと思いきや下の方1/7程ににみそ汁らしき濁りが・・口を付けると出しどころか塩味も感じない。こんなにまずいみそ汁は生まれて初めて。客に出せる代物ではない。これってランチタイムの終わり頃にみそ汁がなくなったので湯で薄めたっていうのが丸わかり。料理人の風上にも置けない。オーナーは知っているのか!お皿を下げに来た店員さんに煮えくりかえる気分を抑えてやんわりと苦情を伝えました。帰り際会計の時別の店員さんが「いつもより少し味が薄かったです。」と。ナニ?少し?それなら絶対、絶対、ぜーったいここでの食事会はヤメ。冗談じゃない。こんなみそ汁が付いて千円ですよ!夜に舌の肥えた方たち
お連れできますかいな!
ちなみに出るときには頭上注意。お茶室でもあるまいに、何を狙っているのか出口低すぎ。出口で頭を打ちました。とどめ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527070/48218023

この記事へのトラックバック一覧です: 白峰と宮本(夜編):

« どんぐり | トップページ | 幻のランチ・・・ »

ウェブページ

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31