フォト
無料ブログはココログ

珍魚・珍食材シリーズ

2011年2月24日 (木)

ごっこ(ホテイウオ)食べてみました編

Cimg0858

ちょっと前に珍魚シリーズで掲載した「ごっこ」をまかない用に買いました

Cimg0857

おなかパンパンですね

Cimg0856

さばいてみるとほとんどが子でした・・

身ないやん(>_<)

みたいな感じでした

チゲなべ風の汁ものにしたのですが

あえて食べなくてもいいかな・・

的な感想の魚でした(笑)

ごちそうさまでした〜

2011年2月14日 (月)

珍魚シリーズ「ホテイウオ」

086

これも珍しいですねぇ〜

売ってたけどまだ買う勇気がなくていまだ使ったことない魚です

「ごっこ」とか呼ぶみたいですが

正式には「ホテイウオ」だそうです

085

なんだかアップにしてもよくわかんないですね(笑)

食べ方はあんこう的な感じで使うという事ですね

今度機会があればおかず用に買ってみたいと思います

(^O^)/

2010年12月 3日 (金)

珍魚シリーズ(サメガレイ)

008

北海道産の深海魚

サメガレイです

見た目はほんとにサメの皮みたいにごつくて粘液まみれの

気持ち悪い感じです

ゆえに値段も安いけども非常に美味な魚だそう・・

006

捌いてみてもやはり気持ち悪いしサメっぽいアンモニア臭も

するし、ほんとに食べれるの??( ̄Д ̄;;って感じ・・

だけどだけど・・・

煮つけにしてみたらこれが・・・・

003

めっさ!うまいやないですか!\(;゚∇゚)/

脂ありまくりで食感もよいし変な癖もないし

うんうん 非常に美味です!

いやはや、魚も人間も見た目で判断したらあきまへん(>_<)

っちゅう話ですな(笑)

2010年11月 9日 (火)

珍魚シリーズ(八角)

Dscf1779_2

以前にも載せたことあるよな気がしないでもないな・・・

北海道では比較的メジャーな八角です

そのなの通り八角系の恐竜みたいに皮がいかつい魚です

Dscf1778

開いて焼物にすることが多いですね・・・

ちなみにうちの店のトイレに飾ってある八角の絵は嫁のおねーさん

つまり「居酒屋恒屋伝助」の女将さんが描いたものなんですよ〜

トイレ入ったときは鑑賞してみてくださいね(^o^)/

2010年10月21日 (木)

珍魚シリーズ(あしあか海老)

珍魚シリーズ(あしあか海老)
今日は朝から仕入れ行って魚見て、ふとまわりを見たら発表あったばかりの「ミシュラン」星付きシェフばかり五人くらいに囲まれてましたf^_^;(笑)
肩身が狭いっすね(>_<)
☆数えたら☆☆☆☆☆☆☆☆に挟まれてました(爆)ごとし君は掲載お断りしたと言ってましたよ〜
ま、それはさておき
今日のオススメはあしあか海老っす
本名は「くまえび」と言って、明石とか九州あたりで多くとれるようです
クルマ海老の次くらいに高級な海老で、お造りも、もちろんいいですが、茹でる、煮るに向いてるみたいですね肉質が…
一度お試しあれ(^O^)/

2010年10月14日 (木)

珍魚シリーズ(生のししゃも)

Dscf1354_2

ししゃものシーズンですね~

国産のほんまもんの、ししゃもが高級魚になってしまって、なかなかお目にかかる

ことも少なくなっている昨今ですが

これまたさらに珍しい干してない生の状態のししゃもの登場です

今の時期にちょこっとだけ見かけますがほとんど幻といっても良いでしょう

Dscf1353

生がうまいのか干したのがうまいのか意見は分かれるところですけど

唐揚げとかにしたらなかなかイケルんじゃないかと思ってます

北海道では割とメジャーな魚で「キュウリウオ」ってのがいるんですが

それの味と似たような感じがしないでもないです

キュウリウオってのはそのなの通り胡瓜の香りがする魚で

海の鮎・・・

みたいな感じですかね・・

そのうちまたキュウリウオも紹介したいと思います!

2010年10月 5日 (火)

珍魚シリーズ(針いか)

Dscf1242

珍魚というほどでもないのですが関西ではあまり馴染みがないのが

今が旬の針いか(ハリイカ)です

正式名は甲いかといいます

紋甲いかと似てますがまた全然別物ですね

関東では墨いかと言ってわりとメジャーなイカだと思います

こっちではあまり見かけないように思います・・

紋甲いかみたいにモチモチしてなくて、かといって剣先いかみたいに

コリコリ感だけでもなくて、コリコリモチモチ両方持ち合わせた歯切れの

よい独特の食感なんですよね

僕はイカの中では一番好きかもです(*^。^*)

Dscf1240

その名の通り、こんな甲羅みたいな骨が入ってます

これ見たら沖縄に住んでた若い頃を思い出します・・・

当時僕が勤めてたホテルの親方が料理用の剥きものの名人と呼ばれてた

沖縄では屈指の大先生で、自身の流派「新刀流」てのを持ってはりまして

料理人用のむきもの教典なんて分厚い本も出してはるやら、あちこちの

ホテルで料理人向きの講演やらに呼ばれるやらで、下についてる若いもん

の気の遣いようったら大変なおやっさんなのでした・・・

野菜やら果物やら食べれるものを使って色々な料理用の飾りもの

花であったり、動物であったりをつくるのですが、イカの甲羅も元は食材ということで、甲羅細工ってのがあって、沖縄のどでかいイカの甲羅を乾かしてよく細工してはったのを思いだします

むきものというより、もう芸術の域に入るような作品ばかりで、今思えばもっと

しっかり気合入れて技術を学んでたらなぁ・・・と悔やまれます

今はもうあんな技術を持った職人さんはいないんじゃないかと思います

VIPとかのお客さんが多いホテルだったのでほぼ毎日いろいろな野菜細工

やらを目の前でつくらはるのですが、なにせ同じものを二度とつくらないので

覚えようがない・・ってのもありましたね(∋_∈)(笑)

Swan11

※写真はイメージです、当時の新里勉先生の作品ではありません

2010年9月29日 (水)

珍魚シリーズ(めひかり)

Dscf1167

活きてる時はその名の通り目がピカピカ光るそうな・・

本名は「アオメエソ」と言うそうです

太平洋側を中心に広く分布しているようで、珍しい魚でもないよう

ですが、一般の食卓ではあまり見かけることがないですよね・・

まとまって獲れないから流通しにくいのかな?

鮮度落ちも早そうな感じですし・・・

Dscf1166

大きさはこんなくらいで、摩訶不思議なぷるんとした食感のお魚です

見た目はすごく悪いけど味はなかなかのものですよ♪

Dscf1165

塩水にしばらく漬けてから軽く一夜干しか水分を抜くと美味しさが増します

Dscf1164

焼いても唐揚げにしても丸ごと食べれてめちゃ美味しいですよ~

(^o^)/

100929_195709

2010年8月26日 (木)

珍魚シリーズ(バチエビ)

Dscf0524

ここのところ目にするようになったのですが

明石産の小エビで「バチエビ」というらしいです

似たようなので「ブトエビ」というのがいるのですが

よく似てるけど殻が全然違うんですよね・・・

おそらく殻がかたいから唐揚げとかにも向いてないしで

獲れても出荷されてなかったようなエビなんだろうと思います

でも、身は普通においしいんですよね

この殻の模様なにかに似てませんか?

Dscf0523_2

細かく言うと豹とかハイエナとかみたいな感じだと思うけど

見ようによっては虎柄に見えなくもないような・・・

地元明石産だし、いっそ虎海老とかの愛称つけて売り出せば

タイガースファンが買ってくれるのではないでしょうか?

安直っすね(∋_∈)(笑)

2010年7月31日 (土)

珍食材シリーズ(亀の手)

Dscf0117

これは見た目かなり気持ち悪いっすよね

しかも名前は亀の手ときたもんだ・・・

100727_121417

でも、茹でてからこうやって剥いて食べると意外や意外・・・

うまいんだな・・・これが・・・

100727_121454

いただきまーす (^o^)/

ふじつぼとかの一種になるんですかね?

滅多に出回ってない食材ですがたまに見つけたら茹でて潮の香り

を楽しみましょう〜♪

ウェブページ

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31